{$BlogName$}

すぴまんのこだわり第2弾!スコ姉妹と道端に落ちてた黒にゃんの日々、管理人の趣味情報も時々♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ケニア・タンザニア サファリツアー【まとめ】 

アフリカ旅行記も終了したところで、今日はザッとまとめておきたいと思います。

旅行記は全てお出かけ&旅行カテゴリーに入れておりますが、下記にそれぞれのリンクを貼っておきますので、もしお見逃しの記事がありましたらぜひご覧ください^^
今後サファリツアーにお出かけになる際のご参考になれば幸いです。

【旅行記記事一覧】
予防接種編
ツアー内容編
<1日目>関空・ドバイトランジット
<2日目>ナイバシャ湖
<3日目>ナクル湖国立公園
<3日目>2~3日目お食事編
<4日目>マサイマラ国立保護区(午前)
<4日目>マサイマラ国立保護区(午後)
<5日目>アバーディア国立公園
<6日目>アンボセリ国立公園1
<7日目>アンボセリ国立公園2
<8日目>アンボセリ国立公園最終日
<9日目>ンゴロンゴロ自然保護区(午前)
<9日目>ンゴロンゴロ自然保護区(午後)
<10日目>マニヤラ湖国立公園・タランギーレ国立公園
<10日目>タランギーレ国立公園(午後)
<11~12日目>帰国


さて、今回私がこのツアーに持参した機材は以下のとおりです。

【望遠】
091012-1
Nikon D40AF-S DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G

ホントは300mmくらいの望遠が欲しいとこだけど、予算が無いし重いレンズは絶対無理なんで、持っていたこのレンズに。この望遠はとっても軽いので旅行にも最適^^
この200mmレンズでもかなり楽しめました!
同じツアーの女の子2人もこのレンズ持ってきてましたよ。
VR付きだから手ぶれにも安心。
レンズ交換は埃っぽいサファリ中は無理&荷物削減のため、換えレンズは持っていかず。
D40にはこのレンズを付けっぱなしでした。

バッテリーは購入時付属の純正と、安い互換バッテリーを持参。


【広角&マクロ】
091012-2
Panasonic LUMIX LX-3(レンズアダプター&MCフィルター装着)

デジイチの交換レンズを持って行かないかわりに、F2.0と明るいレンズ&広角24mmが撮れるこのコンデジを持参。
風景、人物、料理、室内はこのコンデジが大活躍でした。

バッテリーは購入時付属の純正と、安い互換バッテリーを持参。


【ビデオ】
091012-3
Victor Everio GZ-MG880(大容量バッテリー装着しているので、おケツがちょっと出ています)

双眼鏡を購入しようかと考えてたんですが、お安いアナログビデオを代わりに購入。
ハードディスクに120G分入るので、メモリーカードはほぼ不要。
でもすごく軽いので、手ぶれ補正付いててもめっちゃブレブレでした
本番への練習は必要かと。

バッテリーは購入時付属の小容量の純正と、大容量の互換バッテリーを持参。


サファリでは、デジイチ+望遠レンズが基本。
もしデジイチ持ってなければ、8~10倍の双眼鏡かビデオカメラを持って行くことを絶対にオススメします。
そうじゃないと、多分楽しみが10分の1くらいになっちゃうかも。(私個人の見解ですが)
現地ガイドさんはとっても・・・というか驚異的に目がいい!
「あそこに○○がいるよ」と言われて、機材がなく見れないのは寂しいことこの上ないですからね。
今回のツアーでも2人、コンデジだけ、望遠無しのフィルムカメラだけの人がいましたが、他の人達よりもテンションが低かったです。
男性陣は、やっぱりバズーカのようなでっかい望遠とか、超大きい単眼鏡とか持ってきてましたね。
あと、バッテリーはそれぞれ2個ずつは持って行った方がいいかも。
何かの理由でバッテリーがダメになったりしたらシャレにならないですからね。
純正はバカ高いので、私は互換バッテリーを使用してました。
純正と同じように問題なく使えたので安上がりでよかったですよ^^



【海外オススメアイテム】
091012-3
ゴーコン(真ん中。左はケース)
マルチ変換プラグです。いろんな形になるので、だいたい世界どこに行ってもこれ1個で対応できるとてもスグレモノ。
電圧は変更できないので、海外対応の電化製品を利用してくださいね。
私は写真のクリアタイプを使ってるのですが、現在何故かどこも品切れ中のようなので、リンクは違うタイプです。

ワールドパワータップ RW47G(右上)
海外電圧対応の3口タップです。
ホテルって、けっこうコンセントが1個とかしかなかったりしますよね?カメラ、ビデオ、携帯、とかいっぺんに充電したい時にはこの3口タップがとても便利です。
こちらも電圧は変更できないのでご注意を。


【アフリカオススメアイテム】
室内履き・・・高級ロッジでもスリッパがありませんので、スリッパかビーサンのようなものは必要。

パジャマ・・・高級ロッジにはバスローブがあったりしましたが、普通は無し。長袖の冬用パジャマを持って行った方がいいと思います。私はネルのパジャマを2種持って行き、中にTシャツを着て、Tシャツだけ毎日替えていました。

歯磨きセット・・・どこも置いてないので必須。飛行機のアメニティでもらえる場合は歯磨き粉だけ持って行けばいいかも。

シャンプー&リンス・・・高級ロッジは置いている所もありますが、置いてないとこがほとんど。髪は日中の砂でバリバリになりますので、お好みのものを持参するのがいいかと。ボディソープも小さいのを持参した方がいいかも。

タオル・・・どこのロッジもバスタオルとフェイスタオルは置いていました。高級ロッジはミニタオルまで。でも日中の日除けとかにも使えたりするので、2枚くらい持って行ってもいいかも。あと体を洗う薄手のタオルは必要。

除菌ウエットティッシュ・・・今回は添乗員さんが一人1袋ずつくれたので余ってしまいましたが、手洗いの水が出ないトイレとか、食事前に手を洗えない場合もあるので必須です。

トイレに流せるティッシュ・・・ペーパーが無いトイレとかもありましたので、これも持っておくべき。

マスク・・・病気予防ではなく、ホコリ・乾燥対策として。砂埃がひどくて喉がガビガビになるので、マスクがあったらだいぶん違います。現地の人には「何の為にマスクしてるんだ?」って聞かれたりするけど^^;

虫除け・・・私が行った9月はアンボセリ以外では蚊は見ませんでした。多くの人は腕時計タイプの虫除けを付けていましたが(欲しがる現地人多数)、私は夜だけハーブの虫除けスプレーをかけたりかけなかったり・・・でも全く刺されませんでした。部屋でも蚊はほぼ見ませんでしたが毎日蚊取り線香を焚いていました。コンセント式のベープを持ってきていた人もいましたが、テントロッジはコンセントが無いので使えません。

目覚まし時計・・・電話の無いロッジもありますので目覚ましは必須。でも携帯や腕時計のアラームで代用できますよね。ドコモのワールドウイング対応機では、現地時間でアラーム設定できてとても便利でした。

日焼け対策・・・日焼止めと帽子は絶対に必須!コットンや麻のストールも日除けに使えます。日焼止めを使ってない男性は真っ赤っ赤になってました。

大きめのエコバッグ・・・カメラバッグのサブとして。サファリ中に使用するもの(お水、飴やガム、タオル、ウエットティッシュ、スカーフなど)や脱ぎ着する衣類などガバっと入れて車に乗せておけるし軽いので便利。汚れても大丈夫なもので。

衣類・・・UV機能付の薄手長袖パーカーがめっちゃ便利でした。Tシャツの上に薄手パーカーで日中はOKです。フードを被ると首の後ろも焼けないし。薄手だと洗ってもすぐ乾くし。ナイロンジャケットと、フリースジャケットも1枚ずつあったら朝方や寝る時の防寒に役立ちます。基本的に、脱ぎ着するので重ね着できるタイプがいいですね。あと、飛行機の中が寒い場合があるのでフリースは手荷物で。
女性は薄手のスカートかワンピを1枚持って行くと、昼間のくつろぎタイムや帰りの飛行機の中が楽だと思います。

日焼対策手袋・・・指先の無いタイプがカメラを持つにも便利。

洗濯用品・・・ロープと針金ハンガー、洗濯ばさみなど、かさばらない物を。洗剤は液体タイプを小ボトルに詰めて行くと便利。大きいジップロックの中で洗ったりすすいだりするといいです。洗濯ばさみがないと、風が強くて飛んで行っちゃいます。

水着・・・私は持って行きませんでしたが、連泊の昼間はプールに入ってる人もいました。若い人とか子供連れだったら持って行った方がリフレッシュになっていいと思います。

・・・一応使い慣れた薬を一通り。全然使わなかったけど(^_^;)ビオフェルミンを旅行数日前から旅行中も毎日飲んでいたのが良かったのか、全くお腹は壊しませんでした。具合が悪くなった時の為に、冷えピタとかも少し持っていくといいと思います。

ボールペン・・・自分で使用する物の他に数本持っていくとおみやげ交渉で多少役立ちます。でもあまりに安いものは喜ばれなかったりします(-_-;)交渉対策ならボールペンの他にも現地に無いような物とかも色々役立つようです。

メモ帳・・・今回のツアーでは添乗員さんが毎日すごく詳しいレポート(A4/1日)を書いてくれましたが、個人旅行の場合は毎日のメモは必須。帰ってわけがわからなくなります。

懐中電灯・・・添乗員さんから絶対持ってきて、と言われたので持って行きましたが、必要なテントロッジなどには1本備え付けてありました。でも予備として持って行っても。LEDの軽くて明るいタイプがオススメ。

インスタント食品・・・どこのロッジのレストランにも紅茶用にお湯が置いてありましたので、お湯をかけるだけの食べ物は食べれると思いますが・・・私は特に食べたいとは思わなかったですね。


【カバン類】
基本の旅行バッグはスーツケースがいいです。
ロッジによっては部屋に鍵が無い場合もあるので、鍵がかかるスーツケースが簡単な防犯になります(でもお金やパスポートはいつも身につけておきましょう!)。
サファリの場合は、サファリカーに荷物を乗せることになるので、小型~中型までのスーツケースを指定しているツアーもありますが、今回のツアーは大型スーツケースもOKということで、70cm台のスーツケースを持っていきました。
行きは空間に余裕があったので、帰りはおみやげを入れて帰れました。
ガイドさんがサファリカーにみんなのスーツケースを積む時、テトリスみたいに上手に積んでいました^^

スーツケース以外のカバンは、レスポートサックを多用しました。
軽くてポケットいっぱいで便利ですからね、女性はレスポを持って来ている人は多かったです。
091013-1
左は常時、財布やパスポート、ティッシュなどを入れて身に付けていたレスポのケーシィー。
右は海外旅行の際はいつも財布として使ってるレスポの3ジップコスメティック。通貨毎とかで入れる場所を分けられるのでめっちゃ便利。普通の財布より軽いしラクチン。


091013-2
手前はカメラバッグとして利用していたレスポのデラックスエブリデーバッグ。日本でもデジイチ持ってのお出かけの時はいつもこのバッグ。
このバッグにデジイチ(上記レンズ付きのD40)、ビデオカメラ、コンデジがちゃんと入ります。
奥は機内バッグとして、またスーツケースが持ち込めないアバーディアのロッジに行く時に利用したレスポのラージウィークエンダー
機内バッグの際は、このバッグにカメラバッグもすっぽり入れて持ち込みました。
メインファスナーには南京錠がかけられるようになっているので100均のミニ南京錠を付けていました。
このカバンはアバーディア以外のツアー中は利用しないので、スーツケースの中に入れっぱなしでした。


【おみやげいろいろ】
091010-19
いっぱい買っちゃいましたねーー
こちらの記事でのお面もぜひ見てください(苦労して値切ったもんなんで(^_^;))

手前の動物型の石の置物は各地のお土産物屋で、石のお皿類は空港の免税店で購入しました。


091010-15
タンザニアのおみやげ物屋で購入したキリマンジャロコーヒー&紅茶。
紅茶は全部おみやげであげちゃったのでお味は不明ですが、コーヒーはとっても香り高くておいしいです。
今は毎日飲んでます^^


091010-16
ナイロビ空港の免税店で購入したコーヒー&紅茶。
かわいいパッケージに惹かれて購入。
こういうパッケージはおみやげにも喜ばれますよね。


091010-17
ドバイ空港で購入したBateelのデーツとPatchiのチョコ。
デーツは干し柿が好きならきっと好きだと思います。ピールやナッツが挟んであったりして、さすが王室御用達!パッケージもゴージャスです。
パッチのチョコはレバノンのチョコらしいけど、日本のチョコみたいにおいしくて、海外チョコがダメな私もおいしく頂きました。
エミレーツ機内で出たチョコもレバノンのチョコだったので、レバノンのチョコって全体的においしいのかな?


【通貨】
ケニア・タンザニアはロッジ内やツアーで寄るおみやげ屋ではドルが利用できるので、今回はほとんどシリングへの両替はしなかったのですが、少しは両替することをオススメします。
移動中のガソリンスタンドに併設されてるショップとかでは物は安くてもシリングしか使えなかったりするし、主観ですがお土産物屋でもシリングの方が安く買えたりするようでした。
あと、ドルで払った場合、端数のお釣りは言わないとくれなかったり、勝手に切り上げられたりするから、ちゃんと「お釣りちょうだい」って言いましょう。(お釣りは、シリングでくれます)

ドバイ空港のショップはディルハム以外、ドルや日本円も使えます(飲食店は無料のトランジットレストランしか利用してないので不明ですが・・・)。
私が行った時のレートはディルハムで払うよりドルで払った方がお得でした。
ドルの場合は、お釣りは1ドル単位まではドルで、それ以下はディルハムで帰ってきます。
日本円の場合は全部ディルハムでのお釣りになるようでした。


091012-5


にほんブログ村 旅行ブログ アフリカ旅行へ
臨時参加中
スポンサーサイト

[ 2009/10/13 16:16 ] お出かけ&旅行。 | TB(0) | CM(3)
まとまった自由時間が取れたので、
やっとツアー記事を全部読む事ができたー!!

アフリカツアーってどんな宿なんだろう…と、小屋のような簡易的な作りの部屋を想像していたんですが、どこもキレイで雰囲気があって、素敵なところばかりなんですね。
食事も美味しそうだったし、こんな所なら私も行ってみたいなぁと思いました。

象やライオン、カバの群れなんかは写真でも迫力があるから、実際見ると凄そうですねー。

それと、オババの話、値切りの話は面白かったです。v-411
[ 2009/11/02 14:06 ] [ 編集 ]
e-278むらっちさんへ
全部読んでくれたとは!お疲れっした!
小屋のような・・・ってのはみんなに言われますね。
でも実際は豪華ロッジが多くあるんですよ~
実際の風景は・・・広大すぎてとても写真には収められないです。
値切りはエジプトの時は苦手だったけど、今回はけっこう楽しくできましたよ(*^^)v
[ 2009/11/04 01:35 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/05/16 13:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。