{$BlogName$}

すぴまんのこだわり第2弾!スコ姉妹と道端に落ちてた黒にゃんの日々、管理人の趣味情報も時々♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013京都大原 勝林院開創一千年紀 

実光院からてくてく進むと、眼下に ばぁぁん!!っ と大きな勝林院が現れます!

131010-39
写真ではそんなでもないですが、実際はほんと目の前にいきなり大きなお寺が現る!って感じで
かなりのインパクトでした。

ちょうど 勝林院開創一千年紀の記念法要の期間中で、勝林院への参道には多くの緑はっぴのスタッフがいました。
しかし開創1000年ってすごいですね~~!


131010-43
受付で記念法要を聞かせて頂く手続きをして、本堂のパイプ椅子に座ってお経を聞かせて頂きました。
ここのお経は独特で、梵唄声明といって歌うような旋律のあるお経です。
本堂の中で、黄色やオレンジ色の法衣を着た多くのお坊さんたちが、お経を歌っていました。
さすがにお席から写真は撮れなかったんですが、道中ですれ違った方々がいたので、
こんな感じの法衣です↓
131010-45


お経を聞きながら本堂の造りをまじまじと見ていたのですが、ここは欄間がとってもとっても素晴らしいです!
普段なら写真OKだと思うんですが、さすがにあの雰囲気の中、写真は撮れなかったのでこちら
下の方に載っていますのでご覧ください。
ご本尊の阿弥陀如来も慈しみ深いお顔をした立派な風情でした。

ありがたく40分くらい聞かせて頂いたかな・・・でもいつ終わるのかさっぱり分からなかったので、
失礼ながら中座させていただきました(;´∀`)


この法要は開創1000年の特別法要なので、すごい時に来たことになるんですが、法要じゃない時の方が
ゆっくり本堂の中まで入って見れるので、今度は普通の時に来て、阿弥陀様の五色の綱を触らせて頂きたいです。
写真も全然撮れなかったし(;^ω^)



131010-42
外へ出て、ぐるっとまわらせていただきました。
この屋根の造りもすごいんですが、この奥の方にちょっとだけ見える欄間がほんとに素晴らしいんですよ~~




131010-40
ここをあがっていくと重文の石造宝篋印塔があるんですが、なんで行かなかったんだろ?
奥にちょっとだけ見えてますけど・・・(-_-;)




131010-41
こちらも重文の梵鐘です。
開創当時の藤原時代のものらしいです。



131010-44
勝林院の御朱印です。
この一千年紀法要の時だけの、レアご朱印です(たぶん)。


次は大原で三千院についで人気の宝泉院です~


ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

[ 2013/10/30 19:42 ] お出かけ&旅行。 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。